美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

“自撮り詐欺” せななんが一気に15箇所を整形したお話の画像1枚目

“自撮り詐欺” せななんが一気に15箇所を整形したお話

整形経験者のリアルな声を届けるインタビュー記事「あなたの整形物語」
今回は、有吉反省会やボンビーガールにも出演経験のある、せななんさんの整形ストーリーをお届けします。
後半戦のこの記事も、前回に引き続き、せななんさん自身が書いたコラムをご紹介しながら、インタビュー内容を合わせてお届けします。前編のインタビュー記事はこちらから

せななんさんプロフィール
三重県出身の27歳。幼少期からビラのデザインやガラケー時代に流行った「歌詞画像」のデザインなどにハマり、デザインに興味を持つようになる。中学生の頃に原宿系ファッションにハマり、自身でもアパレルブランドを立ち上げる。テレビ出演の経験もあり、「自撮りと実物が違いすぎる」などの反響でも有名。最近はYoutubeにも活動範囲を広げている。

そんな彼女の整形遍歴は以下、

初整形 25歳 at 高須クリニック
クマの除去(ヒアルロン酸)バッカルファット除去今回の整形 27歳 at 銀座TAクリニック
目:埋没法4点留め目頭切開
鼻:鼻尖縮小術鼻翼縮小術鼻ヒアルロン酸
リフト:TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト顎にヒアルロン酸
おでこ:ボトックス注射
お肌治療:カーボンピーリングレブライトイオン導入
美容整形の費用総額:約500万円
せななんメモ
整形しても可愛くなってないじゃん
見た目があんまり変わらないバッカルファットと目のクマの整形なので、まだまだ自撮り詐欺は続く。
むしろ美意識も仕事意識も上がっちゃって、自撮り詐欺ももっと酷いことに。私の武器・芸風ですから。まあ整形と言ってもアンチエイジング。ブログネタとして公言もしていたし、この整形後に有吉反省会に出ることになったんですけど、自撮り詐欺の圧倒的差に大反響。
そして、整形してそれ!?みたいな扱いになりました。まぁ手術的にあんまり変わらない手術なんだけどな~と言い訳するより、テレビ的にも「40万円かけたのにそれ!?」ってほうが面白いですし。自撮り詐欺師としても面白い。もうとことん自分でネタにしにいっているし、ネットのオモチャになり果て、大バッシングは続く。
田舎で可愛いと勘違いしていた頃の私はもういません。ネットだけじゃなくて直接突きつけられることも増えて。自撮りの私しか知らない人と会っても、全く気付かれなかったり。お店でも「せななんさん今日いますか?」と聞かれる始末。「ごめんなさい~今日いないんです……。」と答えるしかない。一度や二度じゃないですよ(笑)
有吉反省会をみたとあるV系バンドをやっている方にも言われたんです。「自撮りは可愛いけど実物まじヤバイってうちのバンドで話題です」と。すっぴんとメイク後を比べられたりアー写詐欺だったりで、勝手ながら同族だと思っていたV系の人にまで言われるとは……!他にも男性から「自撮りの顔だったら付き合いたいわ~この写真の子が実在したらな~」「自撮りの顔になってよ」なんて。
開き直ってるし、私も笑ってるからネタにもしやすいんだろうけど、やっぱり毎回心の中では傷ついてました。もう27歳だし、自撮り詐欺なんて当たり前の世の中になってきたし、仕事も減ってきて……。昔は有り余っていた自信のかけらも、もうありませんでした。

編集部

憧れだった有吉反省会に出演したら「整形しても可愛くなってないじゃん」という声が多く寄せられたんですね。

せななん

そうなんですよ。前述の通り、バッカルファットとクマの除去なので、確かに「40万かけても変わってないじゃん」と言われればその通りで(笑)

編集部

有吉反省会に出演したのはいつ頃ですか?

せななん

2016年の年末なので、初めての美容整形をした直後ですね。

編集部

有吉反省会の反響はどうでしたか?

せななん

凄かったですね、ボンビーガールのとき以上の叩かれようでした(笑)どんな施術したかというより、「40万円かけてこの仕上がりかよ、可愛くなってないじゃん!」という反応が大きすぎて……。有吉反省会には「自撮りと違いすぎることを反省」という内容ででたはずなのに、別のところで反響が出てしまって(笑)

編集部

ボンビーガールでは貧乏で出演したのに、「自撮りと違いすぎる」という世間の声が上がって、有吉反省会では自撮りと違いすぎるで出演したのに、「40万円かけても可愛くなってないじゃんか」と毎度予想しなかった部分での反響が出るんですね(笑)

せななん

そうなんですよ〜、またそれが次のお仕事につながっていってはいますね。

編集部

ご自身のブランドの広報という意味では有吉反省会の反響はいかがでしたか?

せななん

そちらもかなりの反響でした。有吉反省会の時はとても売れたので、ありがたかったです!

編集部

ちなみに整形費用はブランドの売り上げから捻出を?

せななん

そうですね、売り上げが私の収入になるので、整形費用に当ててます。
せななんメモ
自撮りに近づけるべく、顔も変えることに。
てか、整形しててそれ!?40万かけてそれ!?って言われるならば、もうとことん変わってやろうじゃないか。
どうせバッシングされるなら、「可愛いけど整形してるよあの子」って言われたい。
堕ちかけた自分を救うべくは銀座TAクリニックでした。部分モニターで半額と記載されていたのですが、どうせ顔が変わってバレるんだ。半額で部分モニターするくらいなら、みんなにカミングアウトしながら整形しよう!そうだ!整形過程をTwitterやYouTubeで実況しながら整形しよう。地上波に素顔を晒した私に失うものは何もない!!むしろプラスにしてやる!!!二重の左右差を均等にしたい。鼻を小さくしたい。小顔にしたい。
何より「自撮りに近づけたい」。なりたいのは芸能人やモデルさんでもなく「自撮りの自分」。元は自分なんだから結構余裕でしょ!?……なんて。
いざ、カウンセリングにいき最初は二重埋没・鼻翼縮小・リフトアップを決めました。欲が出てきて、予定になかった目頭切開・鼻尖縮小・顎や鼻にヒアルロン酸、ボトックスだったり……。そして最後に人中短縮。これがかなり顔の印象を変えてくれました。結果的に15箇所以上整形しました。全然余裕じゃありませんでした(笑)でも、施術も予約もスピーディーでダウンタイムも短い。人前にでるお仕事もメイクでなんとかしてバリバリこなしていました。YouTubeやTwitterでオープンにしていたから気が楽だったかな。むしろ、オープンにしてたから話題になってお仕事が増えてしまい、いつもより仕事してた。
無加工の自撮りと盛った自撮りだけど、近づいた!?もちろんここまで変わったら、人間欲がありますからハードルが上がっちゃった部分もあり……。まだまだ加工はやめられないけど、格段に加工時間は変わりました!

せななんさんの今回の施術箇所一覧

編集部

「40万円かけて整形してそれ?」って言われるようになって、「ならばいっそのこともっとやってやろうじゃないか、自撮りに顔を近づけよう!」という思い至る訳ですね。今回の施術は銀座TAクリニックでやられてますが、どういう経緯でこのクリニックを選んだのでしょうか?

せななん

読モ仲間に紹介してもらったのが経緯ですね。モニター価格で安く、私としても引き続き整形についてどんどん発信していくつもりだったので、丁度良いなと思ってお願いしました。

編集部

ご自身で仕上がりは満足されていますか?

せななん

はい、満足しています。私の場合は、やりたい複数の施術があって、一つのクリニックにまとめてお願いすれば、自分がどうしたいかを先生がより理解してくれると思っているので、一貫して同じクリニックで受けたい、という思いがありました。

編集部

2回目の整形を終えてからのYoutubeの活動を始められていますね。Youtubeを始めた理由は?

せななん

引き続き情報発信するというのが一つの理由で、もう一つは、動画では自撮りテクニックを活用したり、見た目の編集ができないので、自分を晒してちゃんと自分と向き合おうとも思いまして。Twitterだとどうしても自撮り画像で取り繕っちゃうので。最終的に自分の自撮りにどこまで近づけるかを動画で検証していこうと思ってやっています。

編集部

視聴者の反応はいかがですか?

せななん

「整形してこれかよ」という声もまだまだあるんですが、最近の動画だと「可愛くなったね」と言ってくれる視聴者の方もいますね!

編集部

コメントを見ると、整形経験者の意見も多数寄せられていますね。

せななん

そうなんです、私より美容整形に詳しい方々もコメントしてくださっていて。まだ私も知らないことが多いので、それで気づけることもあるのでありがたいです。

編集部

最初は埋没法と鼻翼縮小術、リフトアップを決めてたが、最終的な施術は15箇所もやられたんですね!

せななん

やりたいことを相談していくうちに、「こうした方が良いかもね」と提案を受けて、色々確認してたらどんどん他のもやりたくなってしまって(笑)そうこう検討してるうちに「自分で納得がいく分までやって終わらせちゃおう!」と思って決めました。

編集部

たくさんの施術をやられて満足度はいかがですか?

せななん

「もうやりきったかな」と感じていて、自分では満足してます!周りには「これで満足しているのか」と思われるかもしれないですが、私はこれだからこそ満足してます。整形をしすぎて完璧な顔を目指すより、ブスな部分も多少愛嬌として残しときたいと私は考えてるんです。それが自分のアイデンティティなんじゃないかなって。あとは痩せたり、お肌のお手入れをしていきたいなと思ってます。

編集部

例えば「鼻の高さを、あと数mm上げたい」など、完璧な仕上がりを求めたりしないのですか?

せななん

完璧にしようとは考えないですね。私の周りでは、完璧な仕上がりを求めて頻繁に施術を受ける人もいるのですが、私の場合はもう27歳で、頻繁に整形すると、20代の残りの時間をひたすらダウンタイムに捧げることになっちゃうと思うんです。骨の施術受けたらそれだけでダウンタイムが半年くらいかかると思いますし。そう考えると、時間をかけられないなと感じてしまいます。

編集部

ご自身の時間と美容整形をすることを天秤にかけてきちんと判断なさっているんですね。

せななん

私の母親が厳しい人で、色んなことを言われるんですよね。初めての整形の時も、母親には伝えていて、その時に言われたことが、「整形するのはいいけど、お金はローンも組まずにちゃんと自分で用意すること。あと、整形依存にはならないこと、じゃないときっと後悔する結果になるから。」と強めに言われまして(笑)それもあってか割と冷静に判断できてるのかと思います。

編集部

せななんさんは初整形が25歳と決して早くはない整形デビューだと思いますが、それは良かったですか?それとも、もっと早くからすれば良かったと思いますか?

せななん

こんなに変われるんだったら、もっと前からやっておきたかったですね。今思うと、ブスブス言われる前にやりたかったです。まあでもブスと言われたから美容整形を考えるようになり、結果的に今があるとも思えるんですけどね。

編集部

もし戻れるとしたら何歳くらいから美容整形を始めてたかったですか?

せななん

うーん、どうでしょうね。整形費用を気にしなくて良いのであれば、10代のうちからやっておきたかったですね。

編集部

先ほどダウンタイムのお話がありましたが、ダウンタイム期間はやっぱり不安でしたか?

せななん

最初は怖かったですね〜。ダウンタイムがどんなものか話には聞いていましたが、いざ自分が体験するとなると不安でした。やっぱり「これ大丈夫かな?失敗じゃないかな?」と心配になりましたね〜。

編集部

その不安はどうやって対処しましたか?

せななん

担当の先生にずっと相談していました。LINEでやり取りしてくれて、返事もすぐ返してくれたので、相談もしやすかったですね。アドバイスも今改めて振り返ると的確だったと思うので、良かったです。

編集部

ダウンタイム中はどのように過ごしてましたか?

せななん

今回の美容整形を公開するために、ひたすら記録を取っていましたね。あと正直結構外出してました。コンタクトは入れられなかったので、マスク・眼鏡でどうしても行きたかったライブを観に行ったりしてましたね(笑)

編集部

えっ、ライブですか??(笑)

せななん

術後2日後にメタル系のライブがあったんですけど、どうしても行きたくて行ってしまいました(笑)暴れてる観客もいて、その人の手が私の目の上に当たってスパッと切れちゃったんですよ。整形よりひどい傷ができちゃって、めちゃめちゃショックでした(笑)

編集部

当たったのが、施術の患部じゃなくて良かったですね(汗)

せななん

そうなんですよ〜!本当にどうしても行きたいライブで、患部を手で守りながら必死に観てました(笑)
せななんメモ
整形したら実物主義に一変。顔以外の悪かったところも変わった。
メイクもしっかりしよう。お肌もケアしたり、髪の毛も綺麗にしよう、お洋服もシワシワじゃだめだ。態度も歩き方も直そう、部屋も綺麗にしようとか。
最近は毎日が幸せです。自信も戻った。
人間顔が全てじゃないけど、顔だけで全てが変わることもあるよというお話でした。

せななんさんのビフォー・アフター
編集部

せななんさんにとって「美容整形」とは何でしょう?

せななん

美容整形は、ごく普通の医療だと思ってます。病気になったら治療するのと同様に治さなければならないものを治すのが整形かなと。治さなくても命に支障はないけれども、当人にとっては重大な治療だと思います。

編集部

美容整形に関してあまりよく思っていない人も世の中にはいます。そんな整形反対派についてはどう思いますか?

せななん

私も自分が整形する前は、整形に抵抗があったので反対する気持ちも分かります。反対の意見を持つのは自由ですし、その人の価値観だと思うのでいいと思いますね。髪染めたりタトゥー入れたりするのと同じで、やりたい人はやって、やりたくない人はやらないだけなので。あとは肯定派も反対派もその価値観を他人に押し付けさえしなければいいんじゃないでしょうか

編集部

今後「美容整形」はどうなっていくと思いますか?

せななん

昔はビューティーコロシアムなどの整形番組とかありましたけど、どこか美容整形に否定的な、どちらかというと色物扱いされてた感じが強かったと思います。ですが、最近は色んな人が自身の整形情報をYoutubeで発信したりするくらいになってきていて、どんどん整形がお化粧感覚くらいに気軽な物になって行くのかなと思っています。自撮りも今じゃ若い子じゃなくてもやっている人が多いですが、一昔前は誰もやっていなかったですからね。そうやって、美容整形に対する感覚もどんどん移り変わって行くんじゃないでしょうか。
今回は2記事に渡り、せななんさんの整形ストーリーをお届けしました。
せななんさんインタビューのご協力ありがとうございました!
せななんさんのTwitterはこちら→@sxexnxa
メイリー公式Twitterはこちら→@meily_pr

37

9