美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

小顔だとスタイルが良く見える?小顔の基準と小顔に見せる方法の画像1枚目

小顔だとスタイルが良く見える?小顔の基準と小顔に見せる方法

突然ですが、クエスチョンです!

Q. 以下の画像の女性、右左どちらの方がスタイル良く見えますか?

おそらく左の女性の方が「スタイルが良い」と感じた方が多いのではないでしょうか?

画像の左右の女性は全く同じ体型をしています。右の女性の顔の大きさだけを加工し、顔を大きくしてみました。
左右で比べると、右の女性の方が体全体のバランスが悪く見え、左の女性はスタイル良く見えますよね。同じ身長・体型だと、顔が小さい方がスタイル良く見えるということが分かります。

確かに「顔小さいね」というフレーズは、よく褒め言葉として使われるものですし、言われたら嬉しいですよね。
では一体、顔はどのくらいから「小さい」のでしょうか?そもそも顔の平均サイズとは一体、どれくらいなのでしょうか?

顔の大きさを表す「全頭高」と「頭幅」とは?

国立研究開発法人産業技術総合研究所が公開している「AIST頭部寸法データベース」では、2001年11~12月に計測された日本人青年男女約120名の様々な頭部寸法の調査データが掲載されています。
その中に、頭のてっぺんから顎先までを真っ直ぐ測った長さを表す「全頭高」と、耳の上を水平に測った長さを表す「頭幅」の平均値も掲載されています。

いわゆる顔の縦幅に当たる全頭高の平均は以下の通り。

出典:AIST頭部寸法データベース

全頭高の平均
女性:21.8(cm) 男性:23.2(cm)

顔の横幅に当たる頭幅の平均は以下の通り。

出典:AIST頭部寸法データベース

頭幅の平均
女性:15.3(cm) 男性:16.1(cm)

気になる測定法ですが、桿状計(カンジョウケイ)という専用器具を使って測定しているようです。

出典:AIST頭部寸法データベース

自分でできる顔の大きさの測り方

これで顔の大きさの平均値は分かりました。では、自分の顔はどうでしょう?平均より大きのか?小さいのか?
測ろうにも桿状計なんて持っていないですもんね。ですので、ここからはご自身でもできる測り方をご紹介します。

①メジャーや定規での測定
まずは全頭高の測り方です

1. 壁に背中を向けて立ちます
2. 頭頂部と水平な位置に壁に印をつけます
3. 壁に向かって立ちます
4. 顎と水平な位置に壁に印をつけます
5. 頭頂部の印から顎の印までの長さを測ります

次に頭幅の測り方です。
1. ふすまや引き戸のドアに顔を耳の前で挟みます
2. ずれないようにそっと頭を抜きます
3. 間の長さを測ります

②ティッシュ箱を使って測定
まずは全頭高の測り方です。
1. 机に顎を乗せます
2. 顔の隣にティッシュ箱を縦に置きます
3. 頭頂部から水平にずれないように注意しながらティッシュ箱に印をつけます
4. 机から印までの長さを測ります

次に頭幅の測り方です。
1. 机に顎を乗せます
2. 顔の両側にティッシュ箱を縦に置き、ティッシュ箱で顔を耳の前で挟みます
3. ティッシュ箱がずれないようにそっと頭を抜きます
4. ティッシュ箱の間の長さを測ります

③A5サイズのノートで測る
A5サイズのノートは縦21.0cm×横14.8cmなので、女性や小顔な男性に使える方法です。

正確に顔の大きさを測る方法ではなく、あくまで目安として把握するための手段です。

A5ノート(縦21cm×横14.8cm)の底と顎の部分を合わせ、ノートのどのあたりかを印をつけます。
その長さを図ります。またそれよりも大きい場合は定規で+何cmかを測定します。

「スタイルの良さ」は頭身が重要!

出典:お絵かき図鑑

これで自分の顔のおおよそのサイズが把握できました。皆さんは平均と比べ、いかがでしたでしょうか?
顔の大きさを把握できたら、次は「頭身」について触れていきます。
頭身とは、身長に対し顔の長さの割合を表すものです。つまり、「身長が頭何個分あるか」というもの。
この頭身を、スタイルの良し悪しの参考にしてみましょう。

総務省統計局が公開している「日本の統計2016」によると、日本の女性平均身長は157.9cm、男性平均身長170.9cmですので、頭身の平均値は以下のようになります。

頭身の平均
女性:157.9÷21.8=7.24(頭身)
男性:170.9÷23.2=7.37(頭身)

男女共に、7頭身が一般的のようですね。
8頭身以上の方は、モデルさんのようにスタイルの良い方と言えそうですね。

首や肩幅で「顔の大きさ」の印象が変わる

実は、顔の大きさが全く同じでも、首の太さや長さ・肩幅などの要因で、顔の大きさの印象が変わることあります。
それでは、ここでもクエスチョンです!(3つあります)

Q. どちらの方が顔が小さく見えますか?(その1)

左の女性の方が小顔に見えたのではないでしょうか?
この画像では、顔の大きさを変えずに、首の太さを加工しました。右の方の首を太くしています。
首が細いと顔が小さく見えますね。

Q. どちらの方が顔が小さく見えますか?(その2)

 

こちらは、右の女性の方が小顔に見えたのではないでしょうか?
この画像では、首の長さのみを加工しました。右の方の首を長くしています。
首が長いと顔が小さく見えますね。

Q. どちらの方が顔が小さく見えますか?(その3)

 

こちらは、左の女性の方が小顔に見えたのではないでしょうか?
この画像では、肩幅のみを加工しました。右の方の肩幅を広くしてあります。
肩幅が広いと相対的に顔が小さく見えますね。

以上3点を踏まえると、より小顔に見える条件は、程よく長く細い首と、程よく広い肩幅ということになります。

実は首の長さには個人差がほぼ無い。なのに首が短く見える要因とは?

実は、どの人も首の長さには個人差はほぼありません。なぜなら、首を構成する頚椎(ケイツイ)の数は、7つと決まっているからです。
とは言っても、人より首が長く見える方・短く見える方はいますよね。
その違いは、見た目の印象によるものなのです。その原因となるものはいくつかあります。

①姿勢が悪い
姿勢が悪く猫背になると、上記の画像のように顔が前に出て首が短く見えてしまいます。

②首の周りの脂肪やむくみ
首や肩が凝っているとリンパの流れや血行が悪くなり、その結果、首のむくみを起こします。
首の周りに脂肪がついたり、むくんでしまうと首が太く、短く見えてしまいます。

③顔のたるみ
顔のフェイスラインがたるんでしまうと、顔と首の境界線がぼやけてしまい、首が太く、短く見えてしまいます。

これら要因で「首が短く見えてしまっている」だけであり、本来首の長さに大きな差はほとんどありません。

首を長く見せる方法

首を短くみせてしまう要因があるのであれば、それを解消することで「首を長く見せる」方法があるはずです。

①姿勢を正す
正しい姿勢とは、横から身体を見たとき、耳・肩・骨盤・くるぶしが一直線になっている状態です。
もしくは、壁に背中を付けて立ったときに、かかと・お尻・肩甲骨・頭が壁につく状態です。
4点全てが壁につかなかったり、姿勢のキープが辛いと感じるのであれば、注意が必要です。
猫背を改善するストレッチをして姿勢を正したり、体幹トレーニングなどで正しい姿勢をキープする練習をすることが望ましいです。

②首が長く見える服装を選ぶ
1.  VネックなどVゾーンを強調するトップスを選ぶ
Vゾーンが見えるトップスは、首を長く見せる効果があります。また、首元をすっきりさせるだけでなく、顔回りをシャープに見せる効果もあります。

2. 肌の色に近いトップスを選ぶ
ベージュや薄いピンクなど、肌色に近い色のトップスを着ることで、胸元と首元の境目のラインを曖昧にすることができます。

3. 縦のラインを意識したコーディネート
縦ラインを見せるコーデを意識しましょう。頭の先から足元にかけてきれいな縦ラインができると、首が長く見えるだけで、全体のバランスもスラッと良くなります。

③肩ボトックスで首から肩にかけてのラインをスッキリさせる
ボトックスは、筋肉の緊張を和らげるたんぱく質(=ボツリヌストキシン)が入っているため、肩の背中側にある僧帽筋(そうぼうきん)という大きな筋肉に注射し一時的に肩の筋肉を使わなくさせることで、ごく自然に肩をほっそりとすることができます。これにより、首から肩にかけてのラインをスッキリし、小顔効果がでます。
筋肉の緊張を和らげるので、肩こり・首こりにも効果的です。
施術時間は約10分
効果は半年から1年(個人差あり)

肩の張りにより、首肩周りが猫背のように丸みを帯び、首が短く見えしまうこともあります。こちらに関しては、肩ボトックスで首から肩にかけてのラインをスッキリさえることができます。ボトックスにより、筋肉が抑えられ、ドレスや着物が映える女性らしい首回りを実現できます。

まとめ

単に顔の大きさだけではなく、様々な要素で顔の大きさの見え方が変わるのですね。
気軽に試せるものもあるので、ぜひトライしてみてください。

75

25