美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

THE CLINIC

東京都

症例

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

40代後半

女性

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)の備考

46歳・女性で、お顔のアンチエイジング相談で来院されました。お悩みは、目の下のクマ、ほうれい線(法令線)、マリオネットラインと言われる口元のシワでした。 老化と共に顔の脂肪が減少し、たるみとなり、シワとなります。解決策は失った脂肪(ボリューム)を補う、マイクロCRFを行いました。マイクロCRFは、通常の脂肪注入と違って、幹細胞を多く含みゲル状のために、目の下等の繊細な部位にも適しています。 施術の副作用・リスク:施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。

メニューの紹介

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

採取した脂肪の10%にまで濃縮するマイクロCRF。含有する脂肪細胞は非常に微細で、かつ幹細胞が豊富です。このため、なめらかな仕上がりと肌質の改善効果が期待できます。 【マイクロCRF注入の特徴】 マイクロCRFはクリーンで繊細な脂肪細胞群であり、滑らかで伸びが良いのが特徴。そのため、目の周囲や小じわといった繊細なゾーンでも自然な仕上がりを得ることが可能です。また、幹細胞が豊富に含まれているので、肌の若返りも期待できます。 <繊細な目の周りの注入でも自然> しわやたるみなどのエイジングサイン(老化症状)に対する代表的な施術として、ヒアルロン酸注射や脂肪注入があげられます。ただ、目の周りや首、手の甲といった皮膚の薄い繊細な部位では、ヒアルロン酸注射の硬さや青白く透けた感じが気になったり、脂肪注入も肌表面がデコボコしたりする問題がありました。 そんな懸念を払拭したのが、マイクロCRFを使った脂肪注入法です。マイクロCRFは採取した脂肪から10%程度しかとれない、良質で微細な脂肪細胞。とても滑らかなので伸びも良く、目の周りのたるみや小じわに自然な仕上がりが期待できます。 <効果を左右する幹細胞密度が増加> マイクロCRFで特筆すべきは、脂肪幹細胞が豊富に含まれている点です。脂肪幹細胞とは、脂肪注入後に脂肪細胞など特定の細胞に分化(変化)する、言わば細胞の卵。つまり、脂肪幹細胞が豊富なほど高い効果が期待できるのです。 マイクロCRFの場合、まず採取した脂肪から良質な脂肪と脂肪幹細胞で構成されるCRF(コンデスリッチファット)を抽出。それを専用装置にかけ、さらに微細な脂肪細胞と脂肪幹細胞を濃縮します。こうして加工されたマイクロCRFには、実に一般的な脂肪注入法の約3倍に濃縮された脂肪幹細胞が含まれているのです。 <肌のハリの復活に期待大> マイクロCRFに含まれる脂肪幹細胞は脂肪細胞の他、血液細胞や肌細胞にも分化。これまでコラーゲン線維をつくり出す細胞とされてきた線繊芽細胞と同等のコラーゲンの産生も認められています。さらに、マイクロCRFには脂肪幹細胞だけでなく、肌を活性化する成長因子(グロスファクター)も大量に含まれています。 これらの作用から、血流増加やコラーゲン増加による肌組織の再生が見込めるため、肌のハリや肌質改善も期待できるのです。実際、マイクロCRF脂肪注入法を受けられたゲストから「肌色が1トーンアップした」というお声もいただいています。 【マイクロCRF注入へのこだわり】 当クリニックが自信を持ってマイクロCRF注入法をお勧めする背景には、確かな裏付けがあります。 <マフトガン使用で“しこりリスク”を更に軽減> シワやたるみなど、マイクロCRFの注入に適した部位は皮膚が薄く、デリケートです。そのような部位に脂肪を塊で注入すると、しこりになり、デコボコとした仕上がりになってしまいます。そこでTHE CLINIC はしこりなどの失敗リスクを軽減するため、特殊な注射器「マフトガン」を使用。240〜90分の1ccという、非常に細かい粒で脂肪を注入することができます。 マイクロCRF自体繊細ですが、マフトガンを使うことでより細やかな脂肪注入を徹底します。 さらなる詳細は下記をご覧ください。 https://www.theclinic.jp/contents/microcrf.php

施術の費用

250,000

0

この症例のクリニックについて

クリニック名

THE CLINIC

住所

東京都

アクセス

日比谷線六本木駅 徒歩15分