美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

シリコンバッグ豊胸

50代後半

女性

シリコンバッグ豊胸の備考

50代の方の豊胸手術の術後1ヶ月の症例写真です。シリコンバッグによる豊胸手術です。 ほとんど胸が無い状態からの豊胸手術でしたが、ご覧のようにハリのある綺麗なバストになりました。 このような大きなバストサイズアップの場合でも傷跡は脇の下のシワにそって、4,5cm切るだけですので術後もほぼ目立ちません。また、最新のシリコンを使用しているため触り心地や動きも非常に自然です。

メニューの紹介

シリコンバッグ豊胸

メリハリのあるグラマーなバストをご希望なら、シリコンバッグによる豊胸がおすすめです。 ガーデンクリニックで行っているシリコンバック豊胸術は安全性が高いことで知られているコヒーシブシリコンを使用しております。感触が自然なシリコンで多くのクリニックで最も使用されているバッグです。 液体のように見えますが液体ではなく、万が一破裂することがあったとしても内容物が流出することはありません。 形(ラウンドタイプ、アナトミカルタイプ、アシンメトリータイプなど)や、表面の性状(スムース、テクスチャード)など種類が豊富にあり、患者様お一人お一人に最適なバッグの選択が可能です。 気になる傷痕はワキのシワに沿って4~5cm程度のもので、術後数ヶ月で気にならない程度まで薄くなります。 【シリコンバッグの種類】 ガーデンクリニックでは、カウンセリングの際にシリコンバッグを患者様に実際に手に取って見ていただいております。大きさも50~500ccまでご覧いただき、ご自身の理想のバストラインを作る大きさを豊富な種類から選ぶことが出来ます。専門医師のアドバイスのもと、患者様に最適なバッグをご自身で選んでいただけます。 ●Motiva(モティバ) 高い耐久性を持ちながらマシュマロのような柔らかい触り心地に仕上げられるシリコンバッグです。リップリングや拘縮を軽減できる加工が施されているモティバは、自然な形のバストにしたいというナチュラル派の方にもおすすめ。4段階の高さ、8.5~15㎝までの横幅からオーダーメイド感覚でお選びいただけます。 さらなる詳細は下記をご参照ください。 https://www.garden-clinic.net/breast/motiva.php 【バッグの挿入部位】 バッグによる豊胸手術には、乳腺下法と大胸筋下法の2つの方法があります。 乳腺下法は乳腺の下の部分にバッグを入れるため、皮膚より浅い部分にバッグが入っている状態となります。大胸筋下法は大胸筋の下の部分にバッグを入れるため、深い部分にバッグが入っている状態になりますので、バッグが分かりにくくなるため、多くの患者さまには大胸筋下法をおすすめしております。 但し、大胸筋下法は垂れたバストの方にはあまり適しておりません。その様な場合は乳腺下法をおすすめしております。 ●大胸筋下法 大胸筋下法は痩せている方や皮膚が薄い方にお勧めです。大胸筋の下に豊胸バッグを挿入する治療法で、 以前から多くの施設で行われている方法です。やせている方や皮膚が薄い方などでも、皮膚表面からバッグの輪郭がわかりにくいことが特長です。 ●乳腺下法 乳腺下法とは、大胸筋と乳腺の間に豊胸バッグを挿入する豊胸術で、乳腺の下にバッグが入ることから乳腺下法と呼ばれています。乳腺を傷つける心配がないので、術後に授乳する機会がある方でも問題なく行えます。また手術は乳房の下を切開するので傷跡が目立たず、仕上がりはとても自然、術後の回復も早いので、 お身体への負担が少ない豊胸術の1つと言えます。また、拘縮を起こしにくいといわれている表面に細かな凸凹がついた「テクスチャードタイプ」のバッグを使用することができます。

施術の費用

1,300,000

この症例に関連するタグ

この症例のクリニックについて

クリニック名

ガーデンクリニック

住所

東京都 東京都豊島区南池袋2-26-6 島倉ビル4F

アクセス

JR池袋駅 東口徒歩5分

診療時間

営業時間 10:00~19:00

休診日

年中無休