美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

レーザートーニング

女性

レーザートーニングの備考

【副作用・リスク】ハレ/痛み:数時間位 小さなかさぶた/ニキビ/内出血:1週間~10日位 治療間隔:1週間に1回、2クール目は2週間に1回、それ以降は1ヶ月に1回 【担当医】心斎橋院: 原田 章子

メニューの紹介

レーザートーニング

●こんな方におすすめ! ・肝斑が目立ってきた ・くすみやシワで顔が暗く見える ・毛穴の開きが気になる ●レーザートーニングとは? メドライトC6という医療レーザー機器を使い、肝斑や根深いシミ、くすみや毛穴の開きなどを改善します。 Point 1 シミ・肝斑に最適 レーザートーニングは従来困難とされてきた根深い肝斑の改善ができるようになり、わずかな出力を均等にしながらレーザーを照射することにより、メラノサイトの活性化を防ぐことで、シミや肝斑を徐々に薄くすることができます。 Point 2 継続で効果アップ 繰り返し治療することにより、しみや肝斑以外にも、色素沈着・くすみ・開いた毛穴なども改善できます。続けることでお肌にハリやキメ、潤いを取り戻すことが可能です。 Point 3 美肌効果 レーザートーニングの波長は長く、皮膚の奥深く(真皮上層)にまで照射されたレーザー光が届くことで、コラーゲンが生みだされ、美肌効果が期待できます。 ●メドライトC6の効果 メドライトC6とは、色素系疾患のためのレーザーを永年研究・開発してきた米国ConBio社の最新治療機器で、今までのレーザー治療ではあまり触れられなかった肝斑(かんぱん)を含むシミなどの改善ができるようになったQスイッチヤグレーザーのひとつです。 従来は、肝斑を含む一部のシミに対して、レーザー治療を行うことは、かえってメラニンを活性化させてしまう可能性があるため、行われておりませんでした。 しかし、メドライトC6にはレーザートーニングという肝斑に有効な照射技術が加えられ、シミや色素沈着の症状を増幅させることなく治療することが可能になりました。 ●よくある質問 Q. 痛みに強くないほうなので、不安を抱えてます。レーザートーニングは痛いのでしょうか? A. 輪ゴムでパチっと弾いたような軽い痛みです。強い痛みではありませんので心配ございません。 Q. レーザートーニングはどれくらいの通院で効いてくるのでしょうか? A. 効果は1回目から実感いただけますが、明確な目に見える効果や、隠れシミ予備軍なども根絶する為に、まずは6回(1クール)程度を当院ではお勧めしております。患者様のお肌の症状によっても回数は変わってきます。カウンセリングにて最適な回数をご提案いたします。 Q. レーザートーニングによる肌への負担が気になります。何度受けても大丈夫なんでしょうか? A. お肌への負担は心配ございません。むしろ治療を受ければ受け続けるほど、さらにお肌は改善していきます。ただし最適な治療間隔が必要となりますので、カウンセリング時にご提案させていただいております。シミや肝斑等具体的なお悩みが治療されたら、今度は良い状態をキープするための定期的なお肌のメンテナンスとして続けていただくことをお勧めしております。併せてトラネキサム酸の内服を摂ることで、新たなシミや肝斑の出現を抑えることができます。 ●処置の流れ 1. カウンセリング ドクターとのカウンセリングで、患者様のシミや肝斑の症状を診断いたします。肝斑の状態によっては、まずトラネキサム酸の内服や肌ケアの指導から始めさせていただく場合もございます。 2. レーザー照射 シミや肝斑などお顔の治療したい部分にレーザーを当てていきます。治療時間は約5~30分程度です。 3. 治療後 保湿と処置後の赤みをおさえるためにクリームを塗布します。治療直後からメイクが可能です。

施術の費用

2,450

この症例のクリニックについて

クリニック名

品川美容外科

住所

東京都