美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

I 上眼瞼リフト

女性

I 上眼瞼リフトの備考

術前は目元が重い印象で、眉毛を少し挙上していました。 当院で上眼瞼リフトを行い、目元の腫れぼったさを解消しました。 眉毛が下に降りて、目もぱっちりとあけやすくなりました。

メニューの紹介

上眼瞼リフト(眉毛下切開)

上まぶたの腫れぼったく重い方、二重の幅を自然に広げたい方、 一重の方で目を大きくし視野を広げたい方 、眉毛を挙げてモノを見るクセのある方、 おでこのシワが気になる方などに良い適応です。 上まぶたのタルミが多くなると、眼を隠すように皮膚が垂れ下がってきて、視野が狭くなり、 目つきが悪くなります。この症状を少しでも改善させようと、おでこの筋肉(前頭筋)を使い、 眉毛を上に持ち上げ視野を広げようとします。そうすると、おでこに皺ができやすく、 眉毛とまつ毛の距離が広くなり、まぶたの上がくぼんでみえることもあります。 この状態の改善策としては、上眼瞼リフト以外の方法では、全切開法、前額リフトなどがあります。 全切開はまぶたに傷が残ること、二重の印象が変化すること、 ダウンタイムがやや長い傾向があることなどから難しい場合があります。 前額リフトは眉毛とまつ毛の距離が広くなると困る方には適応が難しくなります。 上眼瞼リフトにより、目が自然に大きく、開きやすくなります。 眉毛とまつ毛の距離が狭くなり、凛々しい印象になります。 おでこのシワも改善します。おまけの作用として、頭痛が減ったり、 肩こりが楽になったりする方も多くみられます。 おでこをずっと緊張させていると、頭痛や、肩こりをきたしやすくなるからです。 眉毛の下縁に沿って、上まぶたの余った皮膚を切除します。幅は状態にもよりますが、10mm前後の幅を切除できます。横幅は眉毛の内側から外側までで約 5cmほどです。 希望により手術中に鏡をみていただき、変化を確認いただきながら切除幅を調節いたします。 皮膚を斜めに切開する方法(wedge incision)で行い、眉毛の毛根を守り、傷をより目立ちにくくします。吸収糸を用い形成外科的縫合をおこない、傷あとを最小限になるよう縫合します。 上眼瞼リフト(眉毛下切開術)はこれまで眉毛内側の毛流が横方向に変わるあたりから皮膚切除を行うデザインが、瘢痕が目立ちにくく広く行われています。 しかしこのデザインで手術を行うと、眉毛の中央から外側が下降し、ハの字の様な眉毛形態となることがあります。 さらに上眼瞼内側部分の余剰皮膚を引き上げたいという希望に対し不十分な結果となってしまいます。 当院は眉毛内側まで皮膚切除を行う眉毛全長上眼瞼リフトを開発し、良好な眉毛形態の保存と、上眼瞼内側皮膚に対するバランスの良いリフト効果を得ています。 眉毛の位置を下げながらバランスの良い形態を得るためには、眉毛全長上眼瞼リフトが大変有効です。

施術の費用

350,000

この症例のクリニックについて

【アプリ予約限定】現金還元対象

クリニック名

プリモ麻布十番クリニック

住所

東京都 東京都港区麻布十番1-7-11 麻布井上ビル2F

アクセス

都営大江戸線「麻布十番駅」7番出口より徒歩2分 東京メトロ南北線「麻布十番駅」4番出口より徒歩2分

診療時間

月〜土 10:00~19:00

休診日

日曜

備考

祝祭日も診療