美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

H 二重修正術+眼瞼下垂手術

20代前半

女性

H 二重修正術+眼瞼下垂手術の備考

他院で受けた切開法による二重が広すぎるということで、 当院で二重を狭くする二重修正術+眼瞼下垂手術を行いました。 術後はまぶたの開きが改善し、二重の幅も狭くなりました。

メニューの紹介

眼瞼下垂手術

プリモ麻布十番クリニックでは皮膚切開からの眼瞼下垂手術、結膜側からの眼瞼下垂手術を症状や目的に応じ選択しております。まぶたの整形においてもっとも効果的に目を大きくできる術式です。 眼瞼下垂とは、まぶたの開きが悪い状態をいいます。他人から眠そうとか、不機嫌そうと言われることがあります。 原因としては、生まれつきのもの、コンタクトレンズによるもの、老化によるものなどが代表的です。この状態の方は、眉毛を挙げる癖があるため、まつ毛と眉毛の距離が広くなり、目の上がくぼんで見えます。おでこにもしわが入りやすいため、年齢以上に老けてみえてしまいます。見た目以外にも、常におでこの筋肉を使い緊張しているため、頭痛が持病であったり、肩こりになりやすかったりもします。 これらの症状は眼瞼下垂手術で改善します。まぶたがパッチリ開きやすくなり、おでこの筋肉を使わなくなるので、しわが減り、眉毛の位置が下がります。まぶたのくぼみも改善し、老けた印象が若々しい印象に変わります。 眼瞼下垂の手術方法はまぶたの表側から行う方法と、まぶたの裏側から行う方法があります。どちらの方法も、手術中に座位で鏡を見ていただき、開きの確認、左右差の調整を行います。 表側から行う方法は、同時に二重ラインを作りたい方、皮膚のタルミが多い方などに適応があります。全切開法に準じ希望のラインに沿って切開します。この際ご状態、ご希望に応じてCO2レーザーを使用して皮膚切開を行うことで出血を押さえる事ができます。たるみが多い場合には余分な皮膚を適量切除します。つづいて眼輪筋、瞼板前組織、隔膜前脂肪などを必要に応じ切除します。眼窩脂肪も余剰が認められる場合に必要量を切除します。皮膚側からの眼瞼下垂手術では症例に応じてROOF切除術を併用する場合があります。 つづいて眼瞼挙筋腱膜を短縮し瞼板へ再固定しながら、目の開きの調節を術中座位となって患者様に確認を取りながら微調整をおこないます。開きの度合い、左右差の調整を丁寧に行います。その後は通常静脈麻酔を開始し痛み、意識を取ったうえで、切開範囲を全域にわたって細かく皮膚と深部の組織を7-0 極細吸収糸で丁寧に形成外科的縫合します。 裏側から行う方法は、瞼の裏側(結膜側)に高周波メスによって出血を抑えながら切開し、眼瞼挙筋腱膜の調節、再固定を行います。結膜側からの眼瞼下垂手術のメリットは皮膚にいっさい傷をつけないので、術後の傷あとが全くわからないこと、腫れの期間が数日のみでとても短いこと、より細かな調整により左右差の調整や、好みに合わせた開き具合を修正可能な点です。

施術の費用

600,000

この症例のクリニックについて

【アプリ予約限定】現金還元対象

クリニック名

プリモ麻布十番クリニック

住所

東京都 東京都港区麻布十番1-7-11 麻布井上ビル2F

アクセス

都営大江戸線「麻布十番駅」7番出口より徒歩2分 東京メトロ南北線「麻布十番駅」4番出口より徒歩2分

診療時間

月〜土 10:00~19:00

休診日

日曜

備考

祝祭日も診療