美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

短い鼻整形追加(獅子鼻)

●短い鼻整形とは? 鼻先が短かったり上に持ち上がって鼻の穴が丸見えの鼻を獅子鼻といい、これを改善する手術が短い鼻整形です。短い鼻整形は鼻整形の中でも難易度が高いで、経験の多い専門医に手術を受けることで結果に満足できます。 <手術方法> 軟骨整形術▶︎上に上がった鼻翼軟骨の上側を切り下側に矯正し軟骨が下に長く見えるように矯正 軟骨移植術▶︎鼻中隔軟骨と鼻翼軟骨の間に追加で軟骨移植を通して鼻先の長さを伸ばし獅子鼻を矯正 軟骨整形術+軟骨移植術+隆鼻術▶︎鼻筋と鼻先を高くしたい場合に隆鼻術を追加で行う(主に鼻の手術+鼻先耳軟骨)

手術と治療後の出血、炎症、感染症など、一般的に発生可能性がある合併症は、個人によって程度の差異がありますので注意が必要です。 <腫れ、あざ> ・手術後48時間まではますます腫れやあざがひどくなって、その後、約2週間にわたって徐々に引きますが個人差があります。 <腫れの管理> ・手術日を含めて、手術後2−3日まで冷たく冷やし、4−5日から暖かくしてあげることです。(ただし冷たいパック時には危危険があるので、15−20分程度後は、10分間の休憩) <姿勢> ・頭を心臓より20−30度程度高く維持しておくと顔のむくみが早く抜けることができます。 ・頭を下げたり、伏せる行動を禁じ、できるだけまっすぐに横になって寝てください。 <食事> ・一般的なすべての食事が可能ですが、刺激または脂っこい食べ物はなるべくお控えください。 <洗顔・化粧> ・スプリントとテープを除去するまでは、手術部位を除いた部分をおしぼりで拭いてください ・鼻柱部分抜糸をした日から鼻の部位の洗顔と化粧が可能です。洗顔するときの鼻の部分は強くこすらないようにして柔らかく慎重に圧力を与えないようにしてください。 ・サウナは手術後一ヶ月禁じます。 <飲酒・喫煙> ・飲酒や喫煙は出血、傷の回復や感染症に悪影響を与えるため、手術後1ヶ月の間禁止します。 <運動> ・日常生活では、手術後1ヶ月後から可能、軽い運動は、手術後2−3週間から、激しい運動は1ヶ月後から可能です。 <薬の服用> ・退院時処方された薬は、決められた時間に規則的によく服用し、お薬を召し上がった後下痢、蕁麻疹などの症状が発生したい場合病院にお問い合わせください。 ・手術後1週間アスピリンやビタミンEは出血の原因となりますので服用してはなりません。 <その他> ・鼻の中のかさぶたや傷は無理にはがしたり、手で触れないでください。 ・眼鏡は一ヶ月後から使用することをお勧めします。 ・手術後一週間後から、軽く鼻をかむことができ、強く押したり噛んだりすることは4週間から可能です。

施術の費用

1,500,000

ウォン

このメニューのクリニックについて

【アプリ予約限定】現金還元対象

クリニック名

トップフェイス整形外科

住所

韓国 ソウル市江南区新沙洞599番地 狎鴎亭ビルディング4階

アクセス

3号線狎鴎亭駅3番出口から直行150メートル、徒歩2分

診療時間

月曜から金曜 10:00~19:00 土曜 10:00~17:00

休診日

日曜・祝日

備考

問い合わせ:月~金曜日まで