美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

ダブロ-s+(doublo-s+)

女性

ダブロ-s+(doublo-s+)の備考

【副作用・リスク】推奨する治療間隔:3ヶ月に1回、もしくは6ヶ月に1回 【経過日数】施術直後 【担当医】渋谷院: 三田 亜耶

メニューの紹介

ダブロ-s+(doublo-s+)

「切らない」次世代フェイスリフト、ダブロ-s+でたるみを引き上げすっきりフェイスラインに ●こんな方におすすめ ・たるみを改善したい ・切らずにリフトアップしたい ・バレずに自然に若返りたい <ほうれい線や顔のたるみ、あきらめていませんか?> ・ハリや潤いが減少してく年齢肌 ・不規則な生活で疲れた肌 ・コラーゲン不足によるたるみ肌 年齢とともに増えていくお肌の悩み。化粧では隠せないお顔のたるみ、ハリ・潤い不足は「ダブロ」で根本解決! 特殊なレーザーによる施術のため、自然な若返りが可能になりました。切らずにたるみ、ほうれい線が改善できる最先端のマシンを限定導入!そのタルミ、あきらめないでください! ●ダブロとは? ① たるみを根本治療する「超音波療法(HIFU/ハイフ)」 ダブロ(doublo)は高密度焦点式超音波療法(HIFU/ハイフ)を採用した最新のリフトアップ機器です。切らずに、フェイスアップ施術と同等の引き締め効果が実現可能になりました。たるみをしっかりと解消できることから、整形大国の韓国をはじめ多数の海外メディアでも話題となっています。 ② お肌の奥までしっかり照射! ダブロ(doublo)は、ハイフの作用で肌の奥にあるSMAS(スマス)筋膜までしっかりと熱エネルギーを届けます。コラーゲンで形成されるスマス筋膜に集中照射させることで、リフト効果の持続性にも優れています。 ③ メスを使わず引き上げ&美肌効果も 従来の機器に比べ、ムラのない均等な照射ができるようになりました。非常に細かいレーザーをスマス筋膜に集中照射することでコラーゲン生成が促され、たるみ・ほうれい線の改善だけでなくお肌のハリやキメを整える効果も期待できます。 ●ダブロの特徴 <たるみの原因(SMAS筋膜)に直接届く!> ダブロ(doublo)に使用されているHIFU(ハイフ)とは、高密度焦点式超音波療法のこと。太陽の光を虫めがねで1点に集中させ、高温にするような原理です。肌の必要な層にだけポイント的に照射することが可能で、他部分には負荷を与えず的確に治療を行うことができます。 <たるみの根本!SMAS筋膜とは?> スマス筋膜(表在性筋膜層)とはコラーゲンで形成されている皮膚深層の部分。このスマス筋膜の衰えが原因となり、肌のたるみが進行します。 ダブロではこのスマス筋膜に的確に照射することで、たるみやほうれい線の根本治療ができるようになりました。 ダブロは他の皮膚層に負荷を与えずにピンポイントで照射し、たるみを改善します。 ●エステとの違い 皮膚の深層にあるスマス筋膜までしっかりと熱エネルギーを届け、根本治療できるのはクリニックに導入されているダブロ(doublo)のみです。エステサロンでも、「ダブロ」というマシンの取り扱いがありますが、エステ用とクリニック機器との違いは、レーザーの出力値であり、皮膚層の熱エネルギー温度に差があります。 そのため、エステで使用されているダブロはハリがアップする程度であり、肌の根本からたるみやほうれい線を治療し持続させたい場合にはクリニックでの施術をおすすめしています。 ※こちらの施術は渋谷院・品川スキンクリニック銀座院限定メニューです

施術の費用

73,630

この症例のクリニックについて

クリニック名

品川美容外科

住所

東京都