美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

目の下のふくらみ(脂肪)取り

女性

目の下のふくらみ(脂肪)取りの備考

〈目の下のふくらみ(脂肪)取り 〉Beforeと69日後(目頭の凹みは、眼鏡の痕です。) 参考画像は、摘出した眼窩脂肪(※ フィルターをかけて彩度を低めています。) もともと目が大きく可愛らしいお顔立ちですが、目の下のくま(脂肪)が結構目立っていました。 ご本人は、『目の下の脂肪取った友人から「早いうちにやった方がいいよ。」って言われました。』と手術を決断して下さいました。 若々しくなりました(°▽°)! 20代後半以降になると「周りの友人も目の下の脂肪取ってるから。」と、手術をご希望される方が増えてきます。 皮下脂肪(細かい、ポソポソした脂肪です。)と眼窩脂肪(塊です。)は違います。 皮下脂肪は触らず、眼窩脂肪だけ取り除きますので、術後に凹んだりしません(^ ^)

メニューの紹介

目の下のくま(たるみ)取り

【“目の下のくま”のオペの特徴】 『疲れた印象を改善!』 目の下のくまには、眼窩脂肪といって眼球の周りの脂肪の塊が目立つ場合と、眼窩脂肪に加えて皮膚のたるみが目立つ場合があります。 手術ですっきりとさせることで、顔の印象が大きく変わります。 【脂肪取りだけの場合】 ▷皮膚のたるみが少ない方 ▷皮膚のたるみはあるけれど、切開するほどの手術のダウンタイムが取れない方 【施術方法】 下まぶたの裏側から麻酔をし、小切開をして目の下の眼窩脂肪を取り出します。 ♦抜糸不要 粘膜を数mm切開するだけなので、縫合の必要はありませんので、抜糸は不要です。 ♦お顔の表面に傷は残りません まぶたの裏側からの処置になりますので、お顔の表面からはわかりません。 ♦腫れ・内出血の可能性 目の周囲の皮膚は薄く、腫れが目立つことがあります。また、毛細血管の発達のために、きちんと止血作業を行っても、内出血をきたす場合があります。 腫れと内出血は一時的なもので、時間経過とともに消失しますのでご安心下さい。 【脂肪取り+たるみ(余剰皮膚)切除】 ▷脂肪だけを取り除くと皮膚が余って新たなシワができてしまいそうな方 ▷抜糸までの1週間と、その後の傷の経過のダウンタイムが大丈夫な方 【施術方法】 下まつ毛のラインに沿って切開し、余った皮膚と奥の眼窩脂肪を同時に取り除きます。(過去に、既に眼窩脂肪を取り除いた経験のある方は皮膚のみの切除で済みます。) ♦抜糸が必要 傷は縫合が必要です。約1週間後に抜糸にいらして頂く必要があります。 ♦色素沈着 傷が目立たなくなるまでに、個人差はありますが、色素沈着の期間があります。約1ヶ月ほどみて頂きたいです。 ♦腫れ・内出血 皮膚に針を刺しただけでも内出血の可能性があるところを、切開ですので、程度の差はあれ、腫れと内出血は出ると思って下さい。 腫れと内出血は一時的なもので、時間経過とともに消失しますのでご安心下さい。

施術の費用

298,000

この症例に関連するタグ

この症例のクリニックについて

クリニック名

S Beauty Clinic

住所

東京都 東京都渋谷区道玄坂 2-23-14 道玄坂225ビル 7F

アクセス

JR線各線渋谷駅ハチ公口 徒歩5分 地下鉄各線渋谷駅3番出口 徒歩5分

診療時間

営業時間 10:00~19:00

休診日

不定休