美容整形口コミ・SNSアプリ
アプリから予約で現金還元のクリニックも!

【アプリ予約限定】現金還元対象

プリモ麻布十番クリニック

東京都,六本木/麻布,麻布十番/赤羽橋

プリモ麻布十番クリニックでは、患者さまの不安を少しでもなくすべく、丁寧なカウンセリングを心がけ、最適な治療をご一緒に検討しています。 私たちが患者さまの”美容に関する最初の相談相手”であるためにも、小さな悩みでもためらわずにご相談ください。

クリニックの口コミ

クリニックの症例

クリニックのメニュー

プリモ麻布十番クリニックのアイコン画像

プリモ麻布十番クリニック

東京都,六本木/麻布,麻布十番/赤羽橋

豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン)

●豊胸術(ソフトコヒーシヴシリコン) 当院で使用しているプロテーゼは、ソフトコヒーシヴシリコンという材質でできております。シリコンがちょうどグミのような状態になっており、万一破損した場合でも、内容物であるシリコンが漏出しにくい構造で、安全性の高い製品です。 形態は日本人の体形にあったアナトミカルタイプです。 プロテーゼの表面にはテクスチャード加工が施されており、ザラザラの表面に薄い被膜が覆う形になり、膜の表面積が拡大し、被膜線維の方向も一定の向きに揃わないため被膜拘縮の予防となります。 当院の豊胸術のアフターケアはバストバンドを着けるのみ、マッサージは全く不要です。 ●当院の特徴 プロテーゼによる豊胸術において最大の問題として被膜拘縮があります。プロテーゼは生体にとって異物なので、体に入れると異物反応がおこり、プロテーゼを包むように周囲に被膜が形成されます。 この反応はすべての方に起きる反応です。この被膜自体は害のあるものではありませんが、時間経過により繊維が縮む性質があります。このことを被膜拘縮と呼びます。この程度が個人差として表れ、場合によっては硬くなってしまうことがあります。 この被膜拘縮を減らすために当院では、 ・テクスチャード加工のプロテーゼを採用しています。 ・被膜拘縮を予防する内服薬を手術から3か月間服用します。 ・高周波温熱療法を術後経過中施行し、高周波の作用で炎症を抑え、創傷治癒を促し被膜が厚く硬くなるのを予防します。 ●施術内容 1. 脇のしわに沿って3~4cmほど切開いたします。この後は指を用いて、優しくプロテーゼを入れるポケットを作成します。届く限りの範囲、すべて指でポケットを作成するため、出血は極わずかとなり、術後の痛みも最小限とすることが可能です。 2. ポケット作成後はサイズを決めるテストプロテーゼを入れ、この時点で眠りから起きていただきます。意識がはっきりとした後、座っていただき鏡でサイズを確認し、お好みのサイズのプロテーゼを選んでいただきます。その後は再び眠りにつき、テストプロテーゼを取り出し、本物のプロテーゼをお入れいたします。プロテーゼを入れる際にも、皮膚を摩擦から守る反転縫合を施し挿入します。 挿入後、抗生剤と止血剤を入れた生理食塩水で片側500mlづつ洗浄をおこない、形成外科縫合で丁寧に縫合して手術を終了します。

施術の費用

700,000

プリモ麻布十番クリニックのアイコン画像

プリモ麻布十番クリニック

東京都,六本木/麻布,麻布十番/赤羽橋

コンデンスリッチ豊胸術

●コンデンスリッチ豊胸術とは アメリカFDAの認可を受けた機器「LIPOMAX-SC」で、特許取得しているウェイトフィルターを装着し、外気に触れないまま遠心分離にかけ、石灰化や脂肪壊死の原因となる死活細胞や細胞膜などの不純物を除去します。 このコンデンス(濃縮)技術で生成された健全な濃縮脂肪細胞=コンデンスリッチファット(CRF)だけを注入するため、高い定着率を実現し、吸引した脂肪を最大限に活かせます。 ●コンデンスリッチ豊胸術の3つの特徴 ・脂肪の定着量UP 従来の脂肪注入は勿論、これまで最高峰といわれていた脂肪幹細胞注入を上回る脂肪定着量を実現しました。 ・リスクの低下 独自のコンデンス(濃縮)技術で死活・老化細胞を取り除いた濃縮脂肪を、無菌状態で注入します。このためしこりや脂肪壊死が起こりにくくなりました。 ・体への負担を軽減 手術時間は脂肪幹細胞注入の半分以下。良質な新鮮な脂肪だけを注入することで、術後のダウンタイムも大幅に削減しました。 ●コンデンスリッチファット注入の流れ 1. 専用シリンジで脂肪を摂取 コンデンスリッチファット用の専用シリンジを用いて脂肪吸引を行い、外気に触れないまま脂肪を採取します。 2. チュメセント液(麻酔液)を廃棄 1のシリンジを10分間立てておくと、脂肪とチュメセント液(麻酔液)とに分離するので、チュメセント液(麻酔液)のみ廃棄します。 3. 採取した脂肪を遠心分離 チュメセント液(麻酔液)を廃棄したシリンジを専用機器LIPOMAX-SCにセットし4000回転8分間、遠心分離します。 4. 脂肪が三層に分かれる 遠心分離すると、上から排泄オイル(=トリグリ(死活・老化細胞))、脂肪、血液や細胞膜などの不純物、の三層に分かれています。 5. 脂肪以外を廃棄 三層に分かれたうちの、上の排泄オイル(=トリグリ(死活・老化細胞))と下の不純物とを廃棄し、脂肪のみをシリンジ内に残します。 6. バストへのコンデンスリッチファットを注入 バストへの脂肪注入は、脂肪注入専用器セルブラシを用いてCRFを緻密にターゲット組織に細かく丁寧に注入いたします。 7. バストへの脂肪注入 バストへの脂肪注入は、腋窩の小切開(約2mm)および乳頭直下から注入いたします。 注入には脂肪注入専用器セルブラシを用います。 8. バストへの脂肪注入カ所 脂肪は主に結構の良い大胸筋、小胸筋周囲に注入いたします。また皮下脂肪層にも注入します。 当院では後日の乳癌検診の際に、脂肪組織と癌との鑑別を避けるため、乳腺組織にCRFを注入いたしません。 ここまでのプロセスを全て行っても、コンデンス(濃縮)に必要な時間は約20分、そのため、従来の脂肪幹細胞注入で最低でも6時間かかっていた手術を2時間半で行う事が可能になりました。

施術の費用

1,200,000

このクリニックについて

【アプリ予約限定】現金還元対象

クリニック名

プリモ麻布十番クリニック

住所

東京都 東京都港区麻布十番1-7-11 麻布井上ビル2F

アクセス

都営大江戸線「麻布十番駅」7番出口より徒歩2分 東京メトロ南北線「麻布十番駅」4番出口より徒歩2分

診療時間

月〜土 10:00~19:00

休診日

日曜

備考

祝祭日も診療

クレジットカード

各種利用可能

メディカルローン

あり

施術費用10%現金還元対象! 予約して施術後に、メイリーアプリに施術の体験談 を投稿して申請することで施術費の10%が還元!!